top of page
  • 執筆者の写真ST.ROONEY

【骨格診断しよう】ANNAの小柄ファッション講座vol.2「骨格タイプを自己診断してみよう」

更新日:2020年4月5日


こんにちは!

ST.ROONEYプロモーションアドバイザーANNAです。


前回は骨格タイプの特徴をざっくりとお話ししました。



今回は皆さんご自身の骨格タイプが何なのか

自己診断してみましょう!



骨格タイプを自己診断しよう!

ストレート:S

ウェーブ:W

ナチュラル:N

と表記しています。

一番多く当てはまったタイプがあなたの骨格タイプです。


1.首元

S :首が短く太い

W:首が長く細い

N:首が長めでやや筋が目立つ


2.胸元

S :厚みがあり立体的

W:華奢で平面的

N:厚みは普通だが鎖骨や肩のラインの骨が目立つ


3.鎖骨

S :ほとんど目立たない

W:華奢だけど目立つ

N:しっかりとしていて、骨が大きく目立つ


4.肩甲骨

S :ほとんど目立たない

W:華奢だけど目立つ

N:しっかりとしていて、骨が大きく目立つ


5.腰位置

S :高め

W:低め

N:お尻が平らで、腰位置が分かりづらい


6.手・足

S :身長の割に小さく、厚みがある

W:身長の割に小さく、薄い

N:身長の割に大きく、筋・関節が目立つ


7.脚・太もも

S :筋肉質で弾力がある。膝下はすっきり

W:脂肪が付きやすく、上半身と比べて肉感がある

N:肉感は感じられにくく、骨や筋が目立つ


8.膝

S :膝は小さく目立ちにくい

W:膝は小さく、少し前に出ている

N:膝が縦に大きくやや目立つ


いかがですか?


自己診断で重要なポイントは、客観的にみることです。


自分では思い込んでいることが多くあるため

人と触り比べてみたり、写真にとって確認してみましょう。

どのタイプだからといって優劣があるわけではありません。


それが自分の身体の特徴であり

知ることでご自身の魅力を最大に発揮できると言うことです!!

ちなみに私は骨格ウェーブタイプです。

下半身が太りやすく、身長が150cmなので

気を抜くと足が短く太く強調されたコーデになってしまいます。

小柄・低身長であるがゆえに 常に重心位置が下がらないように

気をつけたお洋服選び・コーディネートをしています!

こちらが重心位置を意識したコーディネートです。 自分の体型の特徴さえ知ってしまえば、

似合わないコーディネートをする時には気をつけますし、

お洋服を買うときの失敗もほとんど無くなります。

そしてパンツもスカートもどちらも履けるようになります!

次回からは『骨格タイプ別』に さらに詳しい身体の特徴と、

似合う着こなしについて お伝えしていきますね!

楽しみにしていてください!

ST.ROONEY プロモーションアドバイザーANNAでした。



0件のコメント

Comments


bottom of page